ランプ大
ランプ1901年(明34)水彩 31.5×22.5cm
初期の水彩画で、東京美術学校に入学して間もない時期の作品として考えられる。
すでに青木の資質を深くうなづかせるものがある。ある意味で青木の画境は、たとえ油絵の場合でも、水彩画適であったといえるかも知れない。
薄塗りのタッチの伸びやかさと、その塗り重ねによって生じる透明な色調の味わいを大切にした佳品である。
戻  る